発達障害児・者が安全にポケモンGOで遊ぶために

July 23, 2016

 皆さんこんにちは。水戸心理・療育センターの富田です。

「ブログは少なくとも毎月更新しよう」と思っていたのですが、忙しさを言い訳にして、ついつい更新をサボってしまいました。

 これからは言い訳をせず、頑張りたいと思います。

 

 さてさて、世界的に話題となっているポケモンGOですが、ついに日本でも配信されましたね。

 このポケモンGOですが、海外では不注意で事故にあってしまうニュースが多く伝えられていますね。日本は配信から1日経った現在では大きな事件は報道されておりませんが、心配ですね・・・。

 

 さて、このポケモンGO、そんなに不注意になるものかと気になりまして、私もダウンロードしてプレイをしてみました。

 すると、まるでポケモンがカメラの画面越しに現実世界に現れたようで、捕まえるのに夢中になってしまい、見事に不注意になってしまいました(笑)。

 

 その時私はポケモンGOをプレイしてみて、「発達障害児・者の方々はこういった世界で生活しているのか」と思いました。

 というのは、発達障害児・者の方々の中には、何かに集中するあまりそれ以外に注意が向かなくなってしまったり、新しい刺激が現れるとそれにすぐ注意が向いてしまうといった注意の調整に関する障害を持っていることが多いからなのです。

 私は通常であればそこまで不注意な方ではないのですが、ポケモンGOのような強い刺激が目の前にあるとついついその刺激に引っ張られてしまい、不注意な状況に陥ってしまいました。

 普段あまり不注意ではない私がこのような不注意な状況になってしまうのですから、もともと注意の調整に困難さを持つ発達障害児・者の方々にとっては、より「注意」が必要になるでしょう。

 そこで、私がポケモンGOをプレイしてみて、発達障害児・者の方々が心がけた方が良いと思った点を挙げさせていただいます。

 

①移動中は携帯画面を見ない

 ポケモンが近くに現れるとバイブ機能が教えてくれます。なので、歩きながら携帯画面は見ないようにしましょう。

 ポケストップやジム、ポケモンが出現しそうな場所などの確認が必要な場合やポケモンを捕まえる際は、近くの安全なところに立ち止まって画面を確認するよう癖をつけましょう。

 

②ポケモンを捕まえる時の画面でARモードをOFFにしましょう

 ARモードとは、ポケモンを捕まえる際にカメラ機能を使う事で現実世界にポケモンが出現したかのように演出する機能です。ポケモンを捕まえる画面の右上のチェックを外すとARモードをOFFにすることができます。

 ゲームの面白さに関わる部分なのかもしれませんが、ポケモンを捕まえようとする時が一番不注意になりやすい時ですので(例えば、画面を見ながら道路にいるポケモンを捕まえようとして道路に飛び出してしまう)、ARモードをOFFにすることをお勧めします。

 

 以上、私もまだまだプレイして間もないので気をつけるべき点があまりあげられないのですが、少しでも不注意な事故が起こらないことを願い、ブログにて意見を述べさせていただきました。

 注意の調整に困難さがある発達障害児・者の方々も、ゲームの設定を少し変更したり(環境調整)、安全に遊べるように癖をつける(安全な行動の学習)ことで、楽しくゲームができると思います。また、注意の調整に困難さがあるお子さんの保護者様は、ゲームの設定を変更してあげたり、安全に遊べるように癖がつくまで教えながら一緒にゲームをしていただけますと幸いです。

Please reload

最新記事

January 13, 2017

December 7, 2016

September 16, 2016

Please reload

日にちから検索