(株)水戸心理・療育センター

児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援 みらっぷ

所在地:〒310-0851

           茨城県水戸市千波町344-14

連絡先:029-357-2657

FAX:029-357-2657

メール:mito.shinri.rc@gmail.com

  • Facebook Social Icon

営業時間:9:00〜18:00

定休日:火曜日・木曜日

 

 

場合により、不定期に閉室する場合がございます。ホームページトップの NEWS欄をご確認ください。

CONTENTS

COPYRIGHT © MITO SHINRI RYOIKU CENTER CO.,LTD ALL RIGHT RESERVED

水戸心理・療育センターの発達相談

​発達相談って?

 お子さんの発達について、様々なご心配事をご相談いただけます。

 当センターでご相談を受けるのは子どもの発達の専門家である公認心理師、臨床心理士です。

 
​お子さんの発達についてのご相談
​ご相談になりたいお子さんはどちらですか?

 水戸心理・療育センターではお子さんの発達についてのご相談を承っております。

 なかなか言葉を話さない、語彙が増えない、大人の言ったことにうまく反応できない、一人遊びが多い、なかなかオムツが取れない、かんしゃくがひどいなど、お子さんの発達について気になったことはどんな小さなことでも構いません。保護者の方からお子さんの様子をうかがったり、あるいは直接発達検査などを実施して、公認心理師、臨床心理士がお子さんの発達状態の見立てを行います。

 特に保育所や幼稚園へ行っていない、あるいはお子さんが一人目だった場合、他の子どもの発達と比べる機会も少なく、「発達的に遅れているのかよく分からなかった」という保護者の方も多くいらっしゃいます。

 幼い頃に苦手なことやできないことについてトレーニングを行うことは、お子さんの今後の発達にとても重要と言われています。少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。

 
未就学のお子さんについてのご相談

 当センターでは、0歳からお子さんの発達相談を受け付けています。小さいお子さんの発達はとても早く、色々な事を毎日たくさん学んでいきます。

 特に年齢が小さければ小さいほど、毎日・毎週・毎月新しいことを覚えて急激に成長していきます。そのため、少し心配なことがあったとしても、「もう少しすればできるようになるはず」「うちの子に限って・・・」と、ご相談が遅れる場合があります。前にも述べた通り、毎月毎月新しいことを覚えていく小さいお子さんが一段つまずいてしまうとその後の発達の階段をうまく登れない場合があります。また、階段を1段抜かしていると、その後の成長に影響することもあります。その場合は早期に対応してあげることがとても大事になります。

 また、初めての子育てであったり、周りにサポートしてくれる他人がいないというお母さんは、毎日「本当にうちの子は大丈夫?」と不安が大きくなります。

 そのため当センターでは、お子さんの発達やお家での対応方法などについてご相談を承っております。

・言葉がなかなか出ない

・滑舌が気になる

・名前を呼んでも振り向かない

・視線が合わない

・大人の言うことが理解できない

​・物の名前がわからない

・お友達と遊ばず一人遊びが多い

​・お友達とトラブルになってしまう

                 etc…

・オムツが取れない

・好き嫌いがあまりにも多い

・特定のおもちゃに強いこだわりがある

・かんしゃくがひどい

・新しい場所が苦手

・お片づけが上手にできない

 

・手先が不器用

・数字を数えられない

                etc…

​よくあるご相談

​コミュニケーションについて

その他

小学生以上のお子さんについてのご相談

 子どもたちが小学校に入ると、学校のお勉強が始まります。また、お友達との遊びやコミュニケーションもより複雑になっていきます。

 例えば学校のお勉強ですと、最初にひらがなのお勉強が始まりますが、その後濁音や半濁音の理解、拗音や促音など勉強はどんどんと難しくなってきます。しかし、当然学校のお勉強は集団で行います。クラスのペースで授業は進んでいきますので、1箇所つまづいてしまうと分からないままどんどんと授業は先に進んでしまいます。

 また、お友達との遊びやコミュニケーションも子どもの年齢に応じてより複雑になっていきます。お友達と遊ぶためには遊びのルールを理解しなければなりませんが、複雑な遊びのルールについていけないと当然お友達と一緒に遊ぶのが難しくなります。

 このようなつまずきが重なっていくとお勉強が嫌いになったり、学校に行くことが嫌になってしまう子どももいます。

 そのため当センターでは、お子さんの状況に合わせてどのように対応していくことが適切なのか、必要なサポートは何か、公認心理師や臨床心理士が見立てをしお話をさせていただきます。

・人の好き嫌いが激しい

・名前を呼んでも振り向かない

・成長しても言葉がなかなか出ない

・言葉を話すときによくつっかえる

・約束を守ることができない

・お友達と遊ばず一人で遊んでいる

・他人に手を出してしまう

・他人に暴言を吐いてしまう

・他人の気持ちが理解できない

・視線が合わない

・自己ルールが強い

​・自分の非や負けを認められない

​・お友達とうまくいかない

                               etc

​コミュニケーションについて

・ひらがなが覚えられない

・カタカナが覚えられない

・漢字が覚えられない

・文字をバランスよく書けない

・文章がの構成ができない

・文法が理解できない

・10以上の引き算が出来ない

・掛け算ができない

・図形問題が解けない

・単語をなかなか覚えられない

・時計が読めない

・音読ができない

・発表ができない

・運動ができない

​                  etc

・落ち着きがない

・座っていられない

・片付けられない

・忘れ物が多い

・言ったことをよく忘れる

・約束を守ることができない

・偏食がある

・特定のものや行動に強いこだわりがある

・おねしょをしてしまう

・かんしゃくがひどい

・よく迷子になる

・危ないことを平気でする

・育てにくさがある

                               etc

学習面について
生活面について
 
​どんなことをしてくれるの?

・公認心理師、臨床心理士による発達についてのご相談

​・ご家庭でのトレーニングについてのご相談 

・児童発達支援みらっぷ利用のご案内

・放課後等デイサービスみらっぷ利用のご案内

・発達検査の実施(新版K式発達検査2001)  

・知能検査の実施(WISC-Ⅳ) 

・性格検査の実施

​*上記検査については別途ご料金がかかる場合がございます。

10/30/2019

11月のお休みについて掲載しました!

9/22/2019

10月のお休みについて掲載しました!

1 / 34

Please reload

NEWS

水戸,カウンセリング,心理相談,療育,発達障害,茨城,放課後等デイサービス,児童発達支援,不登校,うつ
水戸,カウンセリング,心理相談,療育,発達障害,茨城,放課後等デイサービス,児童発達支援,不登校,うつ
banner2.jpg